スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代はアフロだよ!みんなアフロになりけり!



さぁ!

今日紹介するのは!!

ななななんと!



これだ!

そう!

このアフロ!

この神秘的なアフロ!!

この時代にアフロなんて絶滅危惧種だろ!?

だが、このアフロを買うことで君も注目の的になること間違いなし!!

俺の高校のときの友達の栗平平次郎君は、アフロだったぜ!

そして彼はいつも言うんだ。

「俺のアフロは夢と野望が詰まっている。」

うん。

これを言い残して彼は学校を退学したな。

痴漢で。

まぁ、栗平平次郎のことは置いといて、、、

アフロとは、ギリシャ神話のアフロディーテ―から来てるかもしれんかったりどうだったりみたいな。。。

アプロディーテー(古典ギリシア語:ΑΦΡΟΔΙΤΗ, Ἀφροδίτη, Aphrodītē)またはアプロディタ(アイオリス方言:ΑΦΡΟΔΙΤΑ, Ἀφροδιτα, Aphrodita)は、愛と美と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一柱である[1]。美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神として選ばれている[1]。また、戦の女神としての側面も持つ。日本語では、アプロディテ、アフロディテ、アフロディーテ、アフロダイティ(英: Aphrodite)などとも表記される。元来は、古代オリエントや小アジアの豊穣の植物神・植物を司る精霊・地母神であったと考えられる[2]。アプロディーテーは、生殖と豊穣、すなわち春の女神でもあった。ホメーロスの『イーリアス』では「黄金のアプロディーテー」や「笑いを喜ぶアプロディーテー」など特有の形容語句を持っている。プラトンの『饗宴』では純粋な愛情を象徴する天上の「アプロディーテー・ウーラニアー(英語版)」と凡俗な肉欲を象徴する大衆の「アプロディーテー・パンデーモス(英語版)」という二種類の神性が存在すると考えられている

こいつはやべーぜ!

なんか名前がやべー!

名前にアフロなんて入ってるやついるか!?

親どうかしてんだろ!

俺が小学校の時にそんな奴がクラスにいたらいじめるね!

ってことでみんなもアフロ買おうぜ!

あと、こいつなんか変な服着てるけどそれは無視していいぜ!




ランキング挑戦中だぜ!
みんなクリックしてくれよな!

無職ランキング




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント

プロフィール

キューピー

Author:キューピー
どうもー!
僕の名前はキューピー!
24歳ニートだ(^_-)-☆
そして新宿に生息しているパリピはほとんど俺の子分だ!
好きな熟語は一食触発!!
ちなみに近くのコンビニの店員には、クソニートゴリラスペシャルって陰で呼ばれてるよ(^_-)-☆
主な収入は友達に借りるお金とパチンコ!
そんな俺の無意味で無価値で生産性のない生活を書き込むよー( ゚Д゚)

@zl5dT8ddTbh6T3T

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
キューピーちゃん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。